Cycleshop Vigorous

電話番号 0595-23-1919

お気軽にお電話ください

安全にサイクリングを楽しむためのマナー 集団で走行すると前方確認がしにくくなります。積極的に声を掛け合いハンドサインを活用してください。ハンドサインの最中は片手走行となるため、初心者の方は無理にする必要はありません。

追い抜くときのマナー

一般道では自動車をはじめ、歩行者や自転車など、さまざまな方が活用しています。
速度もまちまちです。安全にみんなが走行できるよう次の手順で行ってください。

115〜20m手前から

1「右(左)通ります」と声をかける。

1減速して右(左)を通過する。

1通過最後尾は「ありがとうございました」などお礼を言いましょう。

声かけ

前にいると後ろから来る車に意外ときずきません。
後ろから車が来た時は最後尾から順番に前に向かって「車!」と声を掛けましょう。

ハンドサインの出し方

声掛けと同時にハンドサインを活用するとより安全に走行することができます。
自転車に慣れてきたら積極的に活用しましょう。

image

右に曲がります

image

左に曲がります

image

右に寄れ(左右に動かします)

image

左に寄れ(左右に動かします)

image

落下物があります

image

速度落とせ(上下に振ります)

image

止まれ

image

後ろをついてきてください

image

先頭交代(お先にどうぞ〜)

自転車のマナーについて

みんなが楽しくスポーツ自転車を楽しむためには最低限のマナーが必要です。
自分勝手な走ると、歩行者やドライバーの迷惑になるだけでなく、交通事故の原因になります。
みんなが楽しく安全、快適に楽しむために気をつけたいことを、交通マナーを中心に解説します。

車道の左を走ろう

自転車は、道路交通法では「軽車両」に分類されます。
したがって自転車は本来、車道を通行します。     
原付(原動機付自転車)と同じく、 車道の左端を走るのが正しいのです。
本来、自転車で歩道を通行していいのは、右のような標識のあるところだけです。
歩道の上では歩行者はさまざまな動きをします。
歩行者に怪我をさせないよう、自分が加害者とならないよう、スポーツ自転車では
基本的に車道を走るようにしましょう。

仕方なく歩道を走るとき

自転車は本来、車道を走るものといっても、車の交通量が激しく、 車道に出ることが危険なときには歩道を走らざるを得ないときがあります。
こんな時はできるだけ徐行して、歩行者にぶつからないように走りましょう。
出来れば自転車から降りて押して歩くことです。
自転車禁止の歩道は必ず自転車から降りて押して歩きましょう。

車道を走る時のマナー

自転車は車道を走るべきものですが、好きなようにいいという訳ではありません。
原則は道路の左端を走ることです。
車道の真ん中を走っていいというわけではありません。
それと車道の右側を走るのは絶対にやめましょう!
自動車のドライバーは、たいてい自転車の存在を軽視します。
自転車がそんなにスピードが出るとは思っていません。
スピードが出ないと思っているから、こちらからすれば結構無茶なタイミングで追い越したりされます。
ですので、特に進路変更をするときや、自動車に道を譲るときなど、自動車に合図を送り、 自分の意思を伝えることが自分を守ることにつながります。
また、優先意識を持たず、相手にを先に行かせることに心掛けましょう!
夜間はライトを灯けて走りましょう。道路交通方で義務付けられています。
(前照灯・尾灯またはリフレクター)

集団で走る時のマナー

仲間とのサイクリングや自転車のトレーニング。自転車仲間との楽しいひと時ですが、横並びで走ってはいけません。交通妨害になります。
たて一列で走るようにしましょう。

大集団で走らない

集団走行は一人よりも目立つために、自動車にロードバイクの存在をアピールすることができ、ドライバーからの視認性が高まりす。
しかし、縦一列で集団走行する場合、あまりに長い列になってしまうと非常に危険です。
集団が5人以上になる時は、2つに分かれるようにしてください。
あまりに長い列になってしまうと、自動車が追い抜きにくいため無理やり入ろうとします。
集団が長すぎると、追い抜くタイミングが非常に取りにくく、交通渋滞の原因となってしまう場合もあります。

Cycleshop Vigorous 電話番号 0595-23-1919 営業時間11:00〜20:00 住所518-0003 三重県伊賀市一之宮470

Page Top